ホーム < 医薬分業とは?

医薬分業とは?

医師の診察を受けた後に、処方せんに基づいて、街の薬局の薬剤師が処方せんの指示に基づいて調剤することを医薬分業といいます。薬剤師が患者さんの副作用の経験や併用している薬など、十分に確認の上、調剤します。

医薬分業のメリット

第一に、医師が診療に専念し、薬剤師が調剤することによって、薬の使用をダブルチェックできることです。
女性薬剤師 街の薬局では患者さんごとに薬歴を作成し、その 薬歴には現在服用している薬のほか、患者さんの体質、アレルギー歴や、以前起こした副作用が記入されます。
第二に、この薬歴をもとに、処方せん中の薬について他の医療機関の処方せんとの飲み合わせや重複投与、量のチェックをしたり、アレルギーを起こす可能性がある薬が出されていないかなどのチェックをします。必要があれば医師に相談した後、調剤されます。
このチェック機能によって安心して薬を飲むことができます。

第三に、薬の内容や飲み方、注意の記載された説明書をもとに、使用方法や保管方法を含めた細かい説明を受けることができます。(服薬指導)
寝たきりなどの患者さんの場合は、本人でなくても、ご家族が処方せんをお持ちになることもあります。

かかりつけ薬局とは

街の薬局の中で、自分で処方せんを持っていって薬を受け取る、自分自身で選ぶ信頼できる薬局のことです。
通院している複数の医療機関からもらう処方せんを特定の「かかりつけ薬局」に持っていくと、複数の処方せんの中の薬の飲み合わせ、量、重複投与や大衆薬との飲み合わせなどをチェックしてもらえます。
また、薬が体質にあっているかのチェックや、服薬指導も受けることができます。

「かかりつけ薬局」では、患者さんや家族の体質や今まで服用した薬を把握していて、安心して相談できます。薬だけでなく、健康食品や家庭用品や暮らしのなかの健康ついての相談にも応じてくれますので、上手に利用してください。

医薬分業についてのまとめ

医薬分業は、薬をもらうという事だけを考えた場合、患者さんにとっては二度手間になってしまいますが、医療の流れである「診察→診断→投薬&治療」という流れの中で、医師と薬剤師がそれぞれ別々の方法で患者さんが健康に生活してもらうことを目指しています。

薬局

医薬分業とは