あおかた調剤薬局の3つの特徴

1. 地域密着型薬局

地域柄お年寄りが多いので、患者さんが孤立してしまわないよう地域の皆様と信頼関係を築いて貢献していきたいと考えています。


2. 設備の導入

個々の患者さんに応じたオーダメイドの調剤を可能にするため、また作業の効率化をはかり、かつ調剤過誤を防止するためにさまざまな最新設備を導入しています。

・散剤のコンタミネーションやばらつきを防止する自動印字機能付き分包機
・散剤分包機は2台設置し、小児用と大人用で使い分け
・調剤過誤の人為ミスを大幅に軽減するPTPシート全自動薬剤放出機
・スピーディーな調剤を可能にした錠剤全自動分包機
・自動薬袋印字機  など

※オーダーメイド調剤の例

・患者さんのニーズに応えた服用法を提案(複数の科の薬を1包に...etc)
・患者さんと共に最も服用しやすい剤形を検討(錠剤を粉砕...etc)
・服用せずに残っているお薬の数量確認と調整

 一包化

患者さんの服用状況に合わせて
複数の処方せんの薬をまとめて
一つのシートに入るように調整

多くの調剤薬局では、受付での処方せん情報入力が直接、錠剤を分包する機械につながっているため複数の科にわたるお薬をまとめることが難しいのに対し、あおかた調剤薬局では調剤室にコンピュータを設置し、患者さん一人一人の投薬データを管理するシステムをとっています。
そのため、他科にわたるお薬の一包化を可能にしました。


3. 地域医療体制の充実

病院等の医療機関・地域包括支援センター・訪看・介護事業所など医療従事者の連携を強めることにより、患者さん中心の医療を実現します。それには情報をデータ化し、正確に理解することが必要です。

あじさいネット(※注1)にて病院のカルテ等を閲覧し、医師によるSOAP記載・検査値をチェックすることで、きめ細かな服薬指導や副作用を確認しています。また、気になることがあれば病院に連絡し、患者さんを幅広くフォローしています。

地域医療体制の充実

あおかた調剤薬局はコミュニケーションを充実させ、患者さんからだけではなく医療機関からも信頼される薬局をめざします。

認定薬剤師・スポーツファーマシストの取得

あおかた調剤薬局は、日進月歩の医療の中の薬のプロフェッショナルとして、また医療現場だけでなく、豊かな社会をつくる一員として、認定薬剤師公認スポーツファーマシスト取得を目指す薬剤師を応援します。
あおかた調剤薬局の薬剤師も認定を受け、個人・グループをとわず研修に励み、スキルアップをサポートしています。

→認定薬剤師とは?

→公認スポーツファーマシストとは?

WORK

調剤室の中をご紹介します。

  • 受付け

    受付け

    ここで処方せんをいただきます
    どちらの病院の処方せんも受け付けます

  • レセプト入力

    レセプト(処方せんの情報)入力

    PCに入力することで、過去の履歴チェック、他科の処方薬の有無、会計の計算ができます

  • 薬棚

    薬棚

    薬棚の一部です
    様々な薬を管理しています

  • 粉薬の分包機

    粉薬の分包機

    粉薬を均等に分包し、ご家族などで飲み間違えがないよう1包ずつに名前を記載します

  • 調剤中

    調剤中

    薬の飲み合わせ・用法・用量をチェックします

  • 調剤中

    調剤中

    小児の粉薬は用量のチェックのため
    体重をお訊ねすることがあります

  • 錠剤を1包化

    錠剤を1包化

    数種類の錠剤をお飲みになる場合は 、飲み間違いを防ぐために1つの包にします

  • 軟膏練り太郎

    軟膏練り太郎

    その名のとおり
    軟膏を遠心力により均一に混ぜます

  • 1包化できあがり

    1包化できあがり

    1包化されるだけでなく、ご家族での飲み間違いを防ぐためにも1包ずつ名前や用法を記載しています

  • 待合室風景

    待合室風景

    各種一般薬も取り揃えております
    お気軽にお声をおかけ下さい

あおかた調剤薬局3つの特徴

※注1.あじさいネットとは?
あじさいネットワーク
NPO法人長崎地域医療連携ネットワーク。
診療所や他の医療機関から患者の同意のもと、インターネット経由で、中核病院のカルテ情報を診療利用するITを使った地域医療連携システムです。